絣を見てきました  (わゆうの部屋)

    〜 岡山・広島・島根・鳥取 を訪れてきました 〜


     桜満開、春の日差しが気持ち良いころ、山陰・山陽で静かに息づく絣の産地を訪れてきました
    よく耳にする絣といえば、久留米絣(福岡県)、伊予絣(愛媛県)、弓浜絣(鳥取県)でしょうか
    しかし日本地図を広げて見ると、案外中国地方に絣の産地が固まっています
    その地方で私は、平安時代のころの貴族や武家の人々は別として、昔から日本人が
    身近に身にまとう素材、形、色 そして技術をもつ絣を、見て触れることが出来ました
       絣と聞くと素朴な紺地に白い柄がなんとなく浮かんできませんか   その後日本中で
    素材も色合いも工夫がなされ、現代の礼装から普段使いのきものに発展していったのでしょう

     私がお邪魔したのは、
    岡山県(作州絣 さくしゅうかすり) きもの和游職人・ひな屋さん
    広島県(備後絣 びんごかすり)
     
    新市町 歴史民族博物館
    同 町 藍染めから織りまでをなさる 森田織物さん
    島根県 (広瀬絣 ひろせかすり) 広瀬町 広瀬絣センター (展示販売・藍染め体験が可)
    鳥取県 (弓浜絣 ゆみはまかすり) 境港市 ご自身の工房でお弟子さんも居られる 工房ゆみはまさん

     貴重なお話を、ありがとうございました

  • 土地が綿花の栽培に適すること 成熟した木綿(きわた)を紡ぎ木綿糸ができる
  • 昔徳島県から行商が売りにきた藍は、木綿によく染め入る
  • 若い頃からこの地域の女性は機織(はたおり)をし、母親は我が子の嫁入りには
    絣生地を、きものや寝具にして持たせた
    普段使いの生地とは別に、めでたい鶴や亀甲柄を織り上げることで祝い品とした
    娘たちも、機織の上手い女性は良縁を得る と言われ、励んだ
  • 昔使われた伝統的な柄の 型付けの絵紙(柄の設計図)が、今もそのまま残されている
  • 紺色だけでなく黒色の生地、細かい柄の絣や、大胆な絵柄の絣(絵絣)と
    地方により少しずつ違った特徴が感じられる
  • 藍色に染まらないよう糸を括る作業 (括った部分が白く残り一本一本を織り上げていくと柄になる)
    を始めとする様々な工程が手作業で行われている
  • 藍液を溜めておく瓶は、生き物と同じである藍を管理するため温度調整が重要
  • 織り機の維持 (部品や修理する技法)


  • まだまだ、、、一言では語れません

    現在、織り上げた生地が反物だけでなく、洋服のシャツ(機械織り)や生活のなかの手軽な小物などになって
    使われているそうです
    それぞれの絣を大切に守っている方々のお話を聞かせていただき、きもので例えるなら
      素材が木綿のきもの と 絹のきもの、
      先染めされた糸を織り上げる織りのきもの と 手書きの柄や染めのきもの
    素材や柄によってきものに格をつけてしまうことよりも、現代では貴重な原材料で作り上げていく尊さと
    時間と労力と知識と技術  絣生地は何物とも比べることの出来ない大切にしたいもの と実感しました
    身近だった木綿から絹・麻・化繊など素材も豊富になり、きものが特別なものではなく、
    ますます使い方を楽しむ存在になればいいなと願います


           藍染めの様子や絣の作品の写真です    (画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

    藍のはな

    干された綿糸の束

    貴重な材料

    藍瓶

    技術と労力

    糸を括った状態

    名人の作品

    名人の作品

    型付け

    織り機

    絵紙

    用途は様々

 「わゆうの部屋」の入口に戻る
 「わゆう」の最初に戻る