お茶だよ〜  (わゆうの部屋)

    清々しい初夏の候


     この時期ひんやりつるんとした触感のお菓子が、見た目も涼しげに店頭に並んでいます
    優しく扱わないと壊れてしまうクリスタルにも、川の流れのようにも見えます
    一時でも涼を楽しませてくれるみずみずしくキレイなお菓子が出来る材料について、少し触れてみましょう

    葛 粉
    kuzuko




    本葛は、マメ科のつる植物、葛の根のでんぷん
    加熱すると半透明になり、独特の香りとなめらかな舌ざわり
    時間が経つと固くなったり、冷やし過ぎると白濁する
    氷水につけて冷やすくらいがよい
    産地は奈良県吉野、福岡県朝倉市秋月、福井県の熊川などが有名
                               くずきり・くずまんじゅうなど
    わらび粉
    warabiko



    本わらび粉は、純粋なわらびの根のでんぷん
    葛よりも強い粘りがある
    水に溶いて加熱すると、黒っぽい生地になる
    わらびもち粉というものは、さつま芋(甘藷)でんぷんでできている
                               わらびもちなど
    寒 天
    kanten





    天草などの海藻から作る   天草からところてんを作り、それを凍結、乾燥
    させたもの   同じ凝固材のゼラチンは動物性のタンパク質
    計量しやすい粉寒天・コシが強い糸寒天・口どけがよい棒寒天があり、
    それぞれ常温で固まる
    生産地は長野県、京都府、岐阜県などの寒冷地
    寒天を硬質で無色透明に固めたものを錦玉(きんぎょく)と呼ぶ
                           練りようかん・水ようかん・みつ豆など

           ノンカロリーでもある寒天であずきかんを作りました

           
           今回は糸寒天を使ってみました



                           
 「わゆうの部屋」の入口に戻る
 「わゆう」の最初に戻る
 

  季 節 の きもの  (6月〜9月)


    暑くなり、きものを着ることを敬遠されがちな季節です
    和装は、6月と9月にそれぞれの <衣更え>をします 暑い時こそ涼しげな顔をして街を歩けたら素敵ですね
    ゆかた姿はのぞき、6月から9月のきものの決まりごとやきこなしをご紹介します

    ポイントは、常に季節の一歩先取り を意識して下さい

    6月 文月 7月 水無月 8月 葉月 9月 長月
    きもの 単衣(ひとえ) 5月末からok
    初夏らしい色合いや柄
    (6月の単衣を春単衣という)
    透けない生地のもの
    夏紬・絽・紗 絽・紗・麻・上布
    (紗・麻・上布は盛夏に)
    単衣 9/1から
    秋らしい柄や暖色
    ( 秋単衣という)
    透けない生地のもの
    中旬まで袷用の帯でもよい
    (薄めの生地や色合い)
    絽・紗など 又は半幅帯
    (礼装でなければ、盛夏は
    袋帯を避けたほうがよい)
    7月に加え 麻
    ( 7月と同様 )
    中旬から袷用帯に
    (紗や麻は8月まで)
    長襦袢 絽目のもの
    (きものが薄くなるので色物
    や柄物は避け白が適当)
    絽・紗
    (長襦袢で夏の暑さや
    冷房の寒さを調整
    家で洗えるものが便利)
    絽・紗・麻
    ( 7月と同様 )
    袷用のもの
    (上旬は夏ものでもよいが
    半衿だけは袷用に替える)
    半衿 絽目のものや絽縮緬
    (半衿は季節を伝える
    とても重要な小物)
    絽・麻
    (麻は8月いっぱい)
    絽縮緬・塩瀬
    (まだ暑い時期だが、
    第2週から袷用の半衿に)
    帯揚げ 絽目のものや絽縮緬
    (色合いを涼しげに)
    絽・麻
    (麻は8月いっぱい)
    袷用のもの
    (第1週頃までなら絽縮緬で
    絽目ものは使用しない
    その後は袷用の帯揚げに)
    帯締め 通年使える冠組
    (ボリューム感のないもの)
    平組み・透かし組み 7月と同様 袷用のもの
    草履 通年もの
    (エナメル素材で涼しげな色)
    エナメルの通年もの
    (細めの鼻緒、低めの台)
    パナマ材のもの、
    また下駄もよい(足袋使用)
    (但し、礼装時には不向き)
    7月と同様
    袷用のもの

         ※ 9月に多い 袷用のもの とは、9月第2週からは秋から冬へ向かう素材のものと考えて下さい

 「わゆうの部屋」の入口に戻る
 「わゆう」の最初に戻る