お茶だよ〜  (わゆうの部屋)

    ひな祭について


     まだまだ寒い日が続きますが、もうすぐ春を迎えます
    この頃の女の子のお祭り ひな祭り も大切な行事の一つです
    ひな祭りについてお話いたします

     ひな祭り 【桃の節句・上巳(じょうし)の節句】



    由来

     中国では3月初めの巳(み)の日【上巳】に水辺で体を清め、厄ばらいが行われていた
    これが日本に伝わり、土や紙の人形にけがれを移し水に流す「流しびな」 の行事に。
    この人形がだんだん発展し、平安時代には貴族の子供の人形遊び「ひいな遊び」になる。
    女の子のお守りとして人形を飾るようになったのは江戸時代から。

    節句とは、、、

     正しくは 節供 と書きます
    「節」は、中国で季節の変り目のこと 古代の中国では奇数の重なる日に、邪気を払うために
    色んな行事が行われていた。
    この暦法が日本にも伝わり、季節や生活に合わせて次第に変化していった。
    1月7日(人日の節句)3月3日・ 5月5日・ 7月7日・ 9月9日(重陽の節句)
    以上を 「五節句」という。

    桃の節句とよぶのは

     桃の花の開花の季節 また、昔桃の花の 桃花酒 が飲まれていたことから
    桃の花のお酒を頂くなんて、春を感じずにはいられませんね

    お片づけ

     3月3日を過ぎたら早目に片付けましょう。
    人形を飾る・片付ける ことにより、伝統や整理整頓の習慣、衣食住の季節感などを学ぶ
    よい機会ではないでしょうか。
    遅れると「お嫁に行くのが遅くなる」 などという言い伝えもある。
    古来の婚礼を模したお雛様は良縁にもご利益があるとも、また、女の子の健やかな成長を
    願うお祭りです そんなところから「お嫁にいくのが〜」と結びつくのでしょうかね
     なお、私の故郷は、(私の幼少の頃は)4月3日がひな祭りと習慣付けられ、お雛さまを
    一ヶ月長く飾り、田舎にゆっくりやってくる春の訪れを楽しんだものです。
    一ヶ月遅れの行事が田舎にはよくあり、このときばかりは得をした気分でした




    ひな祭りを祝う食べ物


    甘酒・白酒・・・ 平安時代のころは桃の花の 桃花酒 が飲まれていた
    もち米やみりんを原料にした 白酒 は江戸時代からのもの
    現代では粥状のもち米に麹を交ぜ熱くして飲むノンアルコールタイプ
    のものが定番
    広義では、酒かすから作られるタイプのもの など
    菱 餅・・・・ 人形飾りの小物に必ずあるのが菱餅
    始まりは毒消しの効能がある蓬を混ぜ込んだよもぎ餅を供えた
    その後、お餅そのままの白は雪、赤は食紅で桃の花、緑は邪気をはらう
    蓬を使って三段に
    雪の中から草木が力強く生長する春を象徴している
    ちなみに、ひし形になったのは江戸時代に入ってからとのこと
    (なぜ、ひし形にしたのでしょうか)
    ひなあられ・・ ひな遊びが行われていた昔、外で遊ぶときの携帯食として
    現代、関東では甘いポン菓子・関西では醤油味や塩味の丸いあられ
    はまぐり・・・ 昔の人は、神様は山に居て、春になると里に降りてきて田んぼや海の神に
    なると言われたそう 海のものの中ではまぐりは自分の片割れの
    貝でないとかみ合わないという特徴がある これにちなんで、仲むつまじく
    暮らせる結婚相手が見つかるよう、女の子の良縁を願う食べ物となった
    この季節が旬で栄養満点です
 「わゆうの部屋」の入口に戻る
 「わゆう」の最初に戻る
 

  き も の の 歴 史  (わゆうの部屋)

     皆さんは、世界中の民族衣装について、どれだけご存知ですか?
    どの国も時代の流れや歳月により、素材・形・目的など大きく変わってきました
    日本の着物は 呉服 といわれるように、古い時代中国呉の国から伝わってきたと言われて
    います 着物の(衣類の) 歴史を振り返ってみましょう

    ・ 縄文時代 まだ布を織る技術はなく、素朴な衣服として獣皮、羽毛、樹皮などを
    利用して、体を覆っていただけにすぎない
    ・ 弥生時代 布を織る技術は始まったが、縫うことはまだなかった
    男子は一枚の布をけさ掛けに身体に巻く横幅衣 (おうふくい)
    女子は貫頭衣(かんとうい) これが最初の衣服
    ・ 古墳時代 埴輪にみる男子は上着とズボンふうの上下に分かれた衣褌(きぬばかま)
    女子も上下に分かれた衣装 (きぬも)姿
    男女とも上着は左前に衿を合わせた 洋装に近い形
    ・ 飛鳥
      奈良時代
    大陸との交流、仏教の伝来とともに唐式の服飾に
    女子は絹物を中心に華美な風潮が
    中国から輸入された衣(きぬ)と裳(も)と領布(ひれ)
    従来の合わせの衿の他に丸衿 合わせ方は右前 袖も長く
    身分や階級によって着用する衣服やその色が制定された
    この時代に染めも流行しはじめた
    庶民はまだ古墳時代のなごりをとどめていた
    ・ 平安時代 遣唐使が廃止され(894年) 大陸との公式な関係がなくなる
    衣服も従来の日本風と唐風のものとを融和させたものになる
    湿度の高い日本の風土にあわせ、広い袖口、ゆったりとした身頃
    だぶだぶの袴 暖のために何枚も重ね着
    貴族は絹、庶民は麻と決められていた
    男子  束帯(そくたい) ←礼装
         直衣(ようし) ←社交・外出服
    女子  十二単 ←礼装 唐衣裳(からぎぬも)とよばれた
         袿(うちぎ) ←社交・外出服
    庶民  小袖という簡単なきもの

     今回は、お雛まつりにちなんで 平安時代の十二単 までとしましょう
    次回は、西洋の影響を受けた時代からお話致します


 「わゆうの部屋」の入口に戻る
 「わゆう」の最初に戻る